テレクラ出会いガイド

地域選択

出会いについて

出会い系の歴史

伝言ダイヤルから始まった出会い系

伝言ダイヤルから始まった出合い系

伝言ダイヤルは、家の電話や公衆電話から自分でメッセージを録音したり、他人が録音したメッセージを聞いたりできるサービスで、NTTコミュニケーションズが1986年(この時はNTT)に開始しました。

テレクラ店
の始まりもこの頃

NTTコミュニケーションズの伝言ダイヤルのページを確認して頂ければわかりますが、現在も「外出時の待ち合わせ連絡やグループの連絡網代わりにご利用いただけます。」と記載されている事からも、このサービスが出会いに利用される事は容易に想像できます。

基本的には8桁程度のボックス番号(メッセージのやり取りをする為の箱)と4桁の暗証番号(箱のメッセージを聞いたり録音したりする時に必要)がわからなければ出会いに利用する事はできないのですが、語呂合わせをした一定のボックス番号と暗証番号の組み合わせのボックスが、「誰でも利用できるオープンボックス」として使われるようになり、そこで出会いや売春が行われていました。

しかし、語呂合わせとは言え、8桁と4桁の数字の組み合わせをどうやって特定していたのでしょう。

PCMAX

テレクラマックス

オープンボックスを探す方法

オープンボックスを探す方法

「6桁から10桁の番号を押し、最後に#を押してください。」

NTTの伝言ダイヤルに電話すると音声ガイダンスが流れますが、ここで何を押せば自分の求めるボックスに辿り着くか、何の情報も無く初めから分かる人はいませんが、人はアダルトな好奇心や快楽を求める時、普段ではあり得ない力を発揮するもので、当時の伝言ダイヤルユーザーは答えがわからなくても挑戦し、目的地に到達していました。

例えばオナニーを連想する0721という数字ですが、ボックス番号07210721、暗証番号0721でアダルトな出会い等のボックスにアクセスできました。他にも12345678と1234や、19191919と1919等の分かりやすい組み合わせがオープンボックスに利用されていたので、コツを掴めば誰でも辿りつけたと言えます。

そしてオープンボックスで知り合ったもの同士が直接電話番号を交換したり、他者にはわからないプライベートボックスを新たに作って交流していたのです。

しかし、そもそも伝言ダイヤルに出会いやアダルトなオープンボックスがある事を知らなければ誰も試しません。その情報はどこから得たのでしょうか。

出会い伝言の存在を知る方法

インターネットで様々な情報を得る事が当たり前な現代では想像できないかもしれませんが、基本的には口コミで広まりました。

伝言ダイヤルで会えるらしい、という都市伝説レベルの口コミから明確なボックス番号まで情報のレベルに差はありましたが、口コミなのです。また、公衆便所のドアや電話ボックスにもアンダーグラウンドな情報がよく書かれていましたので、そこから情報を得た人も少なくないかもしれません。

当時は今と比較にならないほど娯楽が少なかったので、おもしろそうなものには無条件で飛び付く人が多かった事も手伝って、出会い伝言は流行ったのでしょう。

伝言からダイヤルQ2へ

伝言からダイヤルQ2へ

1989年になるとNTTが新たにダイヤルQ2という「電話料金と一緒にサービス利用料を従量制で徴収できるサービス」を開始したことから、当時の出会い系業者がこぞって参入、料金を3分300円に設定し、出会い電話サービス「ツーショットダイヤル」や、女性の喘ぎ声が延々流れたり男女のテレフォンセックスが流れる「アダルトボイス」のサービスを開始しました。

ツーショットダイヤルやアダルトボイスの広告は主に公衆電話や公衆便所、家屋へのピンクチラシポスティング、そして伝言ダイヤルで行われた為、伝言ダイヤルはQ2の広告だらけになり、サービスの利用をやめたかQ2に移ったのか定かではありませんが結果として利用者が激減し、出会い系と言えばQ2という時代になりました。

また、当時は児ポ法(児童買春、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律)が無かったのですが、伝言ダイヤルでの未成年売春が社会問題になっていたので、ダイヤルQ2が無くても規制により長続きはしなかったと考えられます。

ダイヤルQ2からテレクラツーショットへ

ダイヤルQ2からテレクラツーショットへ
ダイヤルQ2を利用した出会い系が流行しましたが、前述した未成年売春の他、家の電話で未成年がアダルトボイスサービス等を利用してNTTから数十万円の請求が来る等の問題が社会問題化し、1991年にはダイヤルQ2を利用した出会い業者が契約を更新できなくなり、1992年にはQ2を利用した出会い系は無くなりました。
しかし出会い業者は一般回線を利用した「電話番号登録制ツーショットダイヤル」サービスにシフトし、
アダルトショップ
に売っている前払い式のプリペイドカードやクレジットカード決済、銀行振込み等、独自の課金回収方式で運営を継続し現在に至ります。

1992年からしばらくの間、出会い系のサービスを求めるユーザーの需要は、テレクラ店とツーショットダイヤルが満たしていたと言えるでしょう。

スタビ(スタービーチ)伝説

スタビ(スタービーチ)伝説

このバランスを変えたのが1999年2月にサービスを開始したNTTドコモのi(アイ)モードで、携帯端末を利用してウェブサイトにアクセスするという概念が生まれました。

そして同年にサービスを開始した「スタービーチ(以下スタビ)」という無料掲示板内でメル友を募集する「Friends!」という板が大流行。
サイトを介して誰でも無料で書き込みやメールができる事から利用者数が爆発的に増え、日本一会える伝説の出会い系サイトになりました。

スタビの台頭によりインターネット掲示板の勢いを知ったいくつかの出会い系業者は、テレクラサービスと並行して出会い系サイトを作ったり、出会い系サイトに運営の重心を移したりしています。

しかしここでも未成年売春が問題になり、2003年には「インターネット異性紹介事業を利用して児童を誘引する行為の規制等に関する法律(通称:出会い系サイト制法)」が施行され、サイトを利用する前に年齢確認をする事が義務付けられましたが、コンテンツの利用前に「18歳以上で利用規約に同意します」という旨のページを介するだけのものだったため効果はほとんど無く、2009年には免許証やクレジットカードでの年齢確認が義務付けられるようになりました。

このタイミングでスタビは「100万人ぐらいいるユーザーの身分証明書を、無料掲示板の運営者が目視で確認するのは無理」ということで閉鎖しましたが、いくつかの有料出会い系サイトは法令に従いつつ今も運営を続けています。

どんな出会い系サイトが良いのか

どんな出会い系サイトが良いのか

悪質な詐欺集団から東証一部上場企業まで出会い系サイトを運営している現代ですが、どのサイトを利用するのが良いのでしょうか。

出会い系サイトを利用するには、運営者に「18歳以上の社会人である事を証明する為の個人情報」を渡す必要があるので、出会えるまで登録して利用しまくる、という方法はあまりお勧めできません。

従業員数が少ない会社は多い会社と比べて問合せの対応が遅い傾向にあります。

東証一部上場企業だと株主の影響を受ける為、業績が思わしくない時、株主の影響力によってはサービスが終了する恐れがあります。

この観点から絞り込むと、問合せにいつでも素早く対応できるだけの従業員数を抱えている非上場企業で、出会い系サイトを永続させようとしている大手出会い系運営会社のサービスを利用するのが良いと言えます。

この条件に最も多く当てはまるサイトはPCマックスなので、出会い系サイトを利用するならPCマックスが良いでしょう。

伝言ダイヤルを題材にした文学作品

当時の伝言ダイヤルの雰囲気を最もリアルに表現している文学作品は、ダントツで「ピアニシモ」です。

1989年12月に集英社から発売され、同年の同社主催第13回すばる文学賞を受賞しており、著者は中山美穂の元夫で作家の辻仁成さん。

一読してからテレクラを利用することで、楽しさや切なさが倍増するのでぜひご一読下さい。

VI-VO(ビーボ)へ

MGI(エムジーアイ)へ

大阪府大阪市淀川区
たかし:2017/09/20
友達の教えてもらって、初めてです。
昼間の方が電話が多いや火曜日がいいと友達が言ってました。
そんな時間帯や曜日…

新潟県上越市
ケンさん:2017/09/15
こんばんは❗
今から会える人いませんか?

大阪府堺市中区
名無しさん:2017/09/04
格安スマホに換える前に電話帳整理してたら昔シルビアで会って何回かやった女の電話番号残ってて。
20年ぶりぐらいに電…

口コミ一覧はこちら
© 2016 テレクラ出会いガイド
http://telguide.info/
all rights reserved.